まにゃブログ(投資・節約・副業・子供のお金の教育)

まにゃブログ(投資・節約・副業・子供のお金の教育)

投資や副業で2千万円失ったけど、実質4年で資産3千万円超え。失敗談、初心者向け投資・節約・副業、子供のお金の教育を発信!

インデックス投資のおすすめ本!「お金は寝かせて増やしなさい」を紹介

f:id:life-is-comedy-thanks-all:20210908160603p:plain

個人投資家にとっては個々の株式を売買したり、プロのファンドマネージャーが運用する投資信託に投資するよりも、ただインデックスファンドを買ってじっと待っている方が遥かに良い結果を生む

これは、ウォール街のランダムウォーカー」という名著に書かれている言葉です。

これを実践した日本人投資家が書いた本があるんですよね!

その名も「お金は寝かせて増やしなさい」

え、何それ!?お金が寝て増えるなんて、楽して儲かるじゃないの!?怪しい・・・。

楽して儲かるわけではないけど、この本に書かれていることを堅実にやれば、長い時間をかけることでお金が増える可能性は高まります
どんなことが書かれているかポイントを紹介するね!

 

 

 

インデックス投資がおすすめな理由

世界中に分散したインデックスファンドに積立投資して長期保有することをインデックス投資という。

 

投資信託についてはこのブログでも紹介しているので、以下の記事などを見てみてください♪

life-is-comedy.hatenablog.com

 

1.手間がかからない

2.実は世界標準のスタンダードの投資方法

3.お金の基礎知識として日常生活に役立つ

 

投資信託からコストが低いインデックスファンドを選び、それを毎月積み立てて長期保有するだけ

 

 

重要!インデックス投資を始める前に

①家計の状況を把握する

家計簿をきっちりつける必要はなく、ざっくりとした1か月の生活費が把握できれば十分。

 

簡単な方法は、ある月に銀行口座に給料が入ってから、ちょうど1ヶ月後にそれがいくら残っているかを見る方法。

 

 

生活防衛資金を貯める

生活費の2年分。生活防衛資金を貯めながら投資をしても良い。

その場合は、リスク許容度が半減していると考えるべき。自分が思っているよりもずっと保守的に考える。

 

 

③自分のリスク許容度を知る

リスク許容度とは、投資家の許容できるリスクの範囲のことで、資産運用で発生する損失を1年間でどの程度受け入れられるかの度合いを言う。

 

 

自分のリスク許容度を知る方法

リスク許容度は個人で全く違うので自分で考えて把握するしかない

ここでは、考え方の例を挙げる。

 

①年間の貯蓄可能金額の範囲内

例えば年間50万円貯蓄できる家計であれば、最悪の事態として年間50万円までの損失であれば1年でリカバリーできるので、よしとするといった具合。

 

 

公的年金を運用するGPIFが負っているリスクの範囲内

公的年金の運用で負っているリスクの範囲内であれば、比較的安全なレベルではないかという考え方。

年金資金の運用は年間12.2%というリスクを取っている。

 

金融の世界では年間リスクの2倍の損失をみておけば最悪のケースに備えられる可能性が高いと考えることが多いので、リスクは年間24.5%となり、最悪で年間マイナス25%程度の損失を覚悟しておけば良いという考え方。(2017年出版時の数字)

 

 

③夜ぐっすり眠れるかどうか

あなたが夜ぐっすり眠れる資産配分になっていれば、あなた自身にとって最適だとする考え方。

 

私はリスク許容度について全然考えていなかったので、これからしっかり勉強して把握して、リスクから資産配分を考えます!

 

 

資産配分の肝は意外にも国内債券

株式クラスと債権クラスという値動きが違うアセットクラスを組み合わせることによって分散効果が働き、あまり期待リターンを下げずにリスクを効率的に下げることができる

 


★著者が債券クラスに外国債券を組み入れていない理由

一見魅力的に見える高金利の外貨は、長期的には通貨自体が安くなって金利差は相殺されてしまうという考え方がある。

この考え方に従うと、国際債券クラスの期待リターンは、結局国内債券の期待リターンと同じということになる。

それなのに為替リスクがあるため、リスクは高い。

 

 

 

 

債権のインデックスファンドはどれがいい?

2017年以降、日本の中央銀行はマイナス金利政策をとっているので、さらに金利が下がる方向よりも、金利が上がる方向に大きな余地があると考えられる

 

そこで、国内債券インデックスファンドに投資してしまうと、金利上昇局面で国内債券インデックスファンドの基準価格は下がることが運命づけられてしまうようなものなので、非常に買いにくい局面が続いている。

 

その場合、何がおすすめなのかはぜひ本を読んでみてくださいね♪

 

 

年に1回だけやった方がいいこと

運用していく中で崩れてきた資産配分を所定の比率に戻す作業(リバランス)。

資産配分が崩れたままだと、知らない内に過剰なリスクを取ってしまう恐れがある

 

具体的には、自分が決めた資産配分と比べて比率が大きくなりすぎた資産クラスのインデックスファンドを売って、比率が小さくなりすぎた資産クラスのインデックスファンドを買うという作業をする。

 

 

失敗しないインデックス投資の手順まとめ

1.家計の状況を把握する

2.生活防衛資金を貯める
  貯蓄しながら投資を始めてもOK

3.自分のリスク許容度を把握する

4.資産配分を決める

5.ネット証券の口座を開く

6.決めた投資商品に毎月1回積み立てて寝かせる

7.年に1回バランス

 

 

その他、これは!と思ったトピック

・証券会社選定ポイント

・ロボアドバイザーは?

・なぜ株式が右肩上がりに上昇してきたのか

・今後も起こる大暴落、その時どうする?

・どうしても売りたくなった時は

・著者の2004年からの投資経験

インデックス投資の出口戦略

 

リスク許容度や出口戦略、長期投資の実体験談がここまで書かれた本はなかなかありません。
資産形成をこれから考えている人は、ぜひ読んでみてください♪

 

 

Kindle電子書籍普通の素人会社員が低リスクでできる収入アップ術」を出版しました!


普通の素人会社員が低リスクでできる収入アップ術: 平凡な私が、実用書などで紹介されている副業・投資をやってみた結果

 

紹介youtube動画も作成しましたので、もしよろしければご視聴ください♪

普通の素人ができる、副業・投資・節約術などの資産形成方法って何? - YouTube

 

 

一般NISA・積立NISA・ジュニアNISAでお得に投資♪選び方や損する場合

f:id:life-is-comedy-thanks-all:20210919212602p:plain

毎月20万円以上積立投資をしている、まにゃです🐈

NISAやiDeCoといった非課税制度をフル活用!

私の一般NISA・夫の積立NISA・子供のジュニアNISA、と3つのNISAを活用しています。

 

え、NISAってそんなに色々と種類があったの?って感じですよね。

そもそもNISAって何?って感じかもしれません。

 

NISAについてちゃんと知ることで、お得に投資ができます。

今回は、NISAの基本情報から選び方、損する場合まで簡単に解説するので、要チェックです!

 

 

 

 

 

NISAの基本情報

まずはNISAの基本情報について。

通常、株式や投資信託などの金融商品に投資をした場合、これらを売却して得た利益や受け取った配当に対して約20%の税金がかかります。

 

なんとNISAを利用すると、毎年一定金額の範囲内で購入した金融商品から得られる利益(売却益&配当益)に対して税金がかからないんです。

とってもお得に投資できるので、使わない手はないです。

 

NISAには、

①積立NISA

②(一般)NISA 

③ジュニアNISA

の3つがあり、それぞれ年間の投資限度枠・非課税期間が異なります。

 

ジュニアNISAは未成年専用の口座になるので、まずは積立NISAと一般NISAから知ってみましょう。

 

ちなみに、1人につき積立NISAか一般NISAのどちらかしか選べません

(一般)NISAとしているのは、公式にはNISAという名称ですが、わかりやすくするために一般NISAと呼ぶことがあるからです。

 

注意

国内上場株式の配当金、ETFREITの分配金は、証券会社を通じて受け取る場合のみ非課税となるので、必ず「株式数比例配分方式」を選択しましょう!

また、NISA口座内で収益分配金の再投資を行う場合、その分の非課税投資枠が必要になります。
分配金は正確な金額を予想できないため、NISA口座は分配金再投資には向いていません

分配金を再投資したほうが利益は大きくなりますが、NISA口座(上記①~③全て)ではそれがやりにくいので、例えば高配当株の再投資を考えている人は普通の証券口座でやったほうがよさそうですね。

 

 

積立NISAの特徴

積立NISAは、毎年40万円の非課税投資枠が設定されており、金融商品からの配当や売買益が20年間非課税対象となります。

2042年まで投資可能で、2042年に投資したものはそこから20年間非課税となります。

 

対象商品は、手数料が低水準、頻繁に分配金が支払われないなど、長期・積立・分散投資に適した投資信託ETF(上場投資信託)に限定されており、投資初心者でも銘柄選定がしやすくなっています。

 

 

一般NISAの特徴 

一般NISAは非課税投資枠が毎年120万円と大きいですが、非課税対象期間は5年間と短くなります。

2023年まで投資可能で、2023年に投資したものはそこから5年間非課税となります。

 

対象商品は、上場株式、投資信託ETFREIT(不動産投資信託)など幅広いです。 

 

また、一般NISAは2024年に改正され新しい制度が始まり、実質的には2028年まで投資可能です。

 

 

どちらのNISAがいいのか?

さて、積立NISAと一般NISA、どちらを選べばよりお得に投資できるのでしょうか?

私は、投資信託の購入には積立NISAを活用しています(夫名義の口座)

 

なぜなら、投資信託は長期投資を前提としているため、非課税期間が長いほうがいいからです

投資信託についての記事はコチラをクリック

 

一方、5年以内に売却する予定で取引している個別株については、一般NISAを利用しています。(私名義の口座)

 

年間の非課税期間が満了したあとでも、NISA非課税投資枠で保有している金融商品を翌年のNISA非課税投資枠へ移すことで、再度5年間非課税で運用することが可能です(ロールオーバー)。

 

ですので、投資信託をある程度長期運用することも可能です。

この際、利益が出ていて評価額が120万円を超えていても、全額翌年のNISA非課税投資枠へ移管できます。

 

f:id:life-is-comedy-thanks-all:20210911210141p:plain

出典:スゴい!投資運用の商品探し

 

2019年以降に一般NISAで投資した分は本来なら制度終了に伴いロールオーバーできませんでしたが、2024年に制度が改正され新NISAが始まることになり、新NISAへのロールオーバーができるようです。

 

ただし、その際は「時価」でロールオーバーされることになる予定のようです。詳細はまだ決まっていません

 

投資信託に長期投資をすることを前提にした場合、ロールオーバーが「時価」なのか「取得価格」なのか、今後も一般NISA制度が改正されて期間が延長されるか、といった条件により、積立NISAか一般NISAどちらが良いのか変わってくるので、コレという答えはありません

 

ひとまず、投資資金が年間40万円程度なら積立NISA一択でよいかと。

 

 

積立NISA投資枠40万円はあなどれない

積立NISAは年間投資上限年40万円、つまり月3万円程度の積み立て投資です。

それでも、トータルリターン5%で20年間運用したら、以下のような結果になります。 

f:id:life-is-comedy-thanks-all:20210520162053p:plain

 出典:金融庁 資産運用シミュレーション

 

元本は720万円で、運用収益は513.1万円、トータル1233.1万円です。

積み立ての力、恐るべしですね!

 

 

ジュニアNISAの特徴 

うちは子供がいるので、積立NISA以外にも、ジュニアNISAを活用しています。

0歳の子供でも、証券口座を作れるんですよ!

 

ジュニアNISAは2023年で終了する制度で、非課税投資枠は毎年80万円で、非課税期間は5年(20歳※までロールオーバー可能)です

※2022年4月から成人年齢が18歳になるので、18歳まで

 

ジュニアNISAは元々、引き出すときに条件があったのですが、2024年以降は自由に引き出せるようになり、使い勝手がよくなりました

 

せっかく投資をするのでしたら、これらの制度を活用してみましょう。

 

超お得なジュニアNISA

2023年の制度終了時点で20歳※になっていない人は、2024年以降の各年において非課税期間(5年間)の終了した金融商品を継続管理勘定に移管できます。

 

継続管理勘定では20歳になるまで(1月1日時点で20歳※である年の前年12月31日まで) 、金融商品を非課税で保有し続けることができます

 

なお、ロールオーバー可能な金額に上限はなく時価が80万円を超過している場合も、そのすべてを継続管理勘定に移すことができます。

 

つまり、2023年までに購入した金融商品は実質子供が20歳になるまで非課税で運用し続けられるということ!


一般NISAと違って、2024年以降の投資可能枠を使ってロールオーバーするわけではないのでとてもお得♪

※2022年4月から成人年齢が18歳になるので、18歳まで

 

 

【注意】NISAで損をする場合

NISA口座のほかに、特定口座(一般的な証券口座)でも投資をしていて、その口座では100万円の利益が出ていて、NISA口座では100万円の損失が出ている場合、トータルでは利益0円ですが、合算することができません

 

結果として、特定口座のほうの利益100万円に課税されて、約20万円を払うことになってしまいます。

 

また、損失の繰り越しもできないため(通常は3年繰り越せる)、損をしたらそれっきりです。

NISA口座で運用するのは、低リスクの資産のほうがいいです。

 

 

NISA口座の開設方法 

NISA口座の開設の仕方は、普通の証券口座とほぼ変わらず、証券会社に必要書類を提出するだけです。インターネットで申し込み可能です。

 

口座開設は、SBI証券楽天証券がおすすめです。手数料が安い・取り扱い商品が多い・クレジットカード決済ができます。私はどちらも利用しています。

 

NISAをうまく活用して、お得に投資しちゃいましょう。

 

以上、この記事がお役に立てば嬉しいです!

 

「NISAかiDeCoどっち?投資を始める前から出口戦略まで徹底ガイド」を出版!

Kindle Unlimitedならいつでも無料!

 


Amazon:【2022年】NISAかiDeCoどっち?始める前から出口戦略まで徹底ガイド: 投資初心者から中級者まで役立つ! 実践シリーズ (実践文庫)

 

 

にほんブログ村に参加しています★

クリック頂けると嬉しいです!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

学資保険はいらない?返戻率122%の学資保険と投資信託を比較して途中解約。

f:id:life-is-comedy-thanks-all:20210814142343p:plain

お金の勉強大好きな、まにゃです🐈

教育費を貯めるには「学資保険」

そう思って、何の疑問も持たず、学資保険に加入しました。

返戻率は約122%。銀行預金より断然いい!

 

でも最近、リベラルアーツ大学の両学長が「学資保険とか貯蓄性の保険はいらない。解約すべき。」と話していました。

そこで、本当に学資保険はいらないのか検証してみることに。

 

結果、私は返戻率122%の学資保険と投資信託を比較して途中解約しました

 

これから学資保険への加入を検討している人も、途中解約すべきか悩んでいる人も必見です。

 

ちなみに、私は解約返戻金のうち100万円を投資に回すことで、たった8カ月で11万円の現金を手に入れました!

 

詳しくはこちらの記事へ。

不動産投資のクラウドファンディングとは?年利10%超え!【実践ブログ】

 

 

 

 

私が加入している学資保険の情報

私が加入している学資保険は以下のような内容です。

 

・2017年3月に契約

・21歳満期(満了2038年)

・払込期間10年

・年払い246,955円

・払い込み総額は2,469,550円

2034年から毎年4年間、75万円、合計300万円受け取れる (返戻率121.5%)

 

普通預金に預けたり、増えるかどうかわからない株式投資にあてるよりはいいと思って学資保険に加入しました

 

途中解約した場合の解約返戻金は5年経過時点で約128万円。

支払額は1,234,775円なのでちょっと増えている。

 

さあ、この学資保険は本当にいらないのか?学資保険とインデックス投資信託を比較してみます!

 

なぜインデックス投資

投資信託には以下の2種類があります。

①インデックスファンド 
日経平均株価やTOPIXといった指数に連動する成果を目指す。

②アクティブファンド
指数を上回る、または指数に捉われずにリターンの獲得を目指す。

長期投資では、①のほうが②よりも高い成果を上げています。
また、保有するのにかかるコストが①のほうが安いです。

 

インデックスファンドの平均利回りを知る

以下の表は、インデックスファンドが連動する株価指数の過去データをもとに、それぞれのアセットクラスファンドを20年間つみたてNISAで積立投資した場合、どれだけの平均利回りとなったかを算出した結果です。

f:id:life-is-comedy-thanks-all:20210813214648p:plain

出典:ちばぎんブログ

私はNISA枠はすでに投資しているので、税引き後平均利回りを参考値に使用することにしました。

 

また、人口減少で衰退する可能性が高い日本より、米国・世界株式への投資を基本としていますが、

 

  ①米国株式はすでに高い割合で保有している

  ②長期で積み立てるなら、アメリカがどうなるかわからない

 

ということで、全世界株式の平均利回り約3%を使用してシミュレーションしていきます

 

リーマンショックも含まれていますが、利回り3%あるんですね!

 

 

最初からインデックス投資に資金を回していた場合

以下のような条件でシミュレーションします。

 

・積立金額年246,955円=月額約2万円
・利回り3%
・運用期間10年
・その後11年は積立せずに保有し続けた場合

アセットマネジメントONE資産運用かんたんシミュレーションを利用しました!

 

①最初の10年の運用成果

初期投資0円、毎月の積立額2万円、利回り3%

f:id:life-is-comedy-thanks-all:20210813215125p:plain

この時点でもうすぐ300万円に届きそうですね!

 

②その後11年間投資信託保有し続けた場合

学資保険の払い込みは10年=10年間は積立投資、その後子供が21歳になるまでの11年間は積み立てずに保有する。

 

初期投資額279万(①の試算額)、毎月の積立0円、利回り3%、11年間

f:id:life-is-comedy-thanks-all:20210813215338p:plain

最初からインデックス投資をしていた場合、学資保険よりも約90万円多くなるという結果に

 

 

学資保険を中途解約して投資信託に変えた場合

払込期間10年のうち5年払い込み終わっていますが、今から学資保険を投資信託に変えた場合はどうなるでしょう?

 

①毎月積立をする残り5年間の運用成果

初期投資額=5年経過時点の解約返戻金128.32万円、毎月の積立2万円、積立期間5年、利回り3%

f:id:life-is-comedy-thanks-all:20210813215614p:plain

 

②その後、11年間投資信託保有し続けた場合

子供が21歳になるまでの11年間は積立せずに保有する。

 

初期投資額278万(①の試算額)、毎月の積立0円、利回り3%、11年間

f:id:life-is-comedy-thanks-all:20210813215720p:plain

税引き後平均利回りを使用しているので、約20%の課税も考慮されています

最初から投資信託を始めていた場合とあまり変わらず、学資保険よりも約90万円多くなる結果に。

 

 

 

 

学資保険に対する、投資信託のデメリットは?

学資保険のデメリットは投資信託ほどのリターンが得られないということです。

それに対して、投資信託のデメリットは以下のようなものがあります。

 

 

①死亡時の保障はない

学資保険であれば、もし契約者が死亡して掛け金を払えなくなっても、満期で受け取る予定額を受け取れます。

 

一方、投資信託の場合は、死亡してしまったらそれ以上投資資金を増やすことはできません。

 

私の場合は、死亡した場合は「生命保険」と「収入保障保険」でカバーできるようにしています。

資金効率面で見ると、「掛け捨ての生命保険」でカバーできるようにするのがいいと思います。

 

私はお金の勉強をしていない時にとりあえず「終身保険」に入ったんですが、それでは保険金が十分ではなく、結果として「収入保障保険」を追加することになりました。

 

終身保険も解約するかどうか、近々検討します!

 

掛け捨てがもったいないから学資保険とか貯蓄性の保険を選ぶ気持ちはよくわかります。私がそうだったから。

でも、本当に死んだら、その保障じゃ足りないって気づいた

 

 

②本当に利回り3%で運用できるのかわからない

全世界を投資先とした場合、今後も世界の人口は増え、経済が発展していくことが予想されるため、おそらく大丈夫と思っています。

 

また、過去の実績では、20年長期積立投資をした人は全員運用益が出ているという結果が出ています。

 

もちろん、元本を割り込むリスクというのはゼロではありません

 

③満了時に株価が好調かわからない

基本的には株価は右肩上がりとしても、リーマンショックのような暴落が来て、お金が必要な時(2038年)に株価が下がっている可能性はあります。

 

うちの場合は2038年に必ずこの投資資金を現金化して大学学費に充てないといけないという家計状況にはならないと予想しています。

なので、市場が回復するタイミングを待って現金化すればいいと思っています。

 

過去の株価を見ると、市場は暴落しても10年くらいすれば回復する可能性が高いです。

 

ということで、うちは中途解約することに決定!

解約して自分の特定口座(NISAじゃない通常の証券口座)で全世界株式のインデックス投資をします。

 

積立投資にしようと思ったんですが、すでに800万円くらい投資しているので、リスク分散のため不動産クラウドファンディング等に投資しました。

 

結果、学資保険を解約して3か月で確定利益が+13万円になりました

 

結果はこちらの記事へ。

不動産投資のクラウドファンディングとは?年利10%超え!【実践ブログ】

 

 

学資保険に加入したままでいい場合

学資保険に加入したほうがいい、途中解約しないほうがいい、というのは以下のような場合です。

 

投資信託の利回りよりも、学資保険の返戻率が高い

今回私がやってみたようなシミュレーションをしてみた結果、投資信託の利回りよりも返戻率が高くなるのであれば、そのままのほうがいいです。

 

②大学の教育資金を準備するためのお金と決まっている

約20年後に必ず引き出すことが決まっているのであれば、リスクを取らずに学資保険のままでもありかも。

少なくとも、定期預金に預けるよりはいい返戻率だと思います。

 

ここは、個人のリスク許容度と投資に対する考え方次第なので、自分で判断するしかありません。

 

結局、リスクを取った分、リターンが大きくなります。

でも、うまくいかなければリターンは小さくなります。

 

インデックス投資をよくわかっていない

よくわかっていないのに投資をするのは危険。

理解していなければ、リスクに対する備えもできません。

 

現在は、学資保険の返戻率が軒並み低くなっているようなので、これから学資保険の加入を検討している人は、国債などとも比較してみるといいかもしれません

 

 

【要注意】学資保険受け取り時の税金

学資保険を検討する際は、受け取り時にかかる税金のことも考慮しましょう!

 

満期保険金の受け取り方による課税のされ方の違い

満期保険金の受け取り方は以下の2パターンあり、課税のされ方が違います。

 

①一括で受け取る場合

税法上「一時所得」という扱いになり、支払保険料総額よりも50万円(特別控除額)を超えて増えていたら、税金がかかる可能性があります

 

また、仮に50万円を超えて一時所得が発生した場合でも、課税の対象になるのはその金額の2分の1です。

 

 

②毎年祝い金を受け取る場合

例えば、私が加入している学資保険のように、大学に入ってから4年間、毎年75万円を受け取った場合、税法上は「雑所得」に分類されます。

 

雑所得には一時所得のような特別控除額50万円がありません。

 

雑所得の計算式(学資保険)

学資年金の年額  -{学資年金年額  ×(払込保険料総額÷総支給見込額)}

学資年金年額75万円、支払保険料総額2,469,550円、総支給見込額300万円の場合の雑所得は、75-{ 75 ×(247÷300)}=約13万円。これに課税されることになります。

 

でも、会社員の場合は給与所得と退職所得以外の所得の金額が20万円までは非課税となるので、これの他に所得がなければ非課税になります。

 

一方、自営業者にはこの非課税枠がないので、13万円全額に課税されることになります。

 

 

おわりに

今回、NISAを利用しない場合の利回りでシミュレーションしました。

積立NISAを利用した場合はもっと利回りがよくなりますので、ぜひ学資保険を始める前、もしくは、始めた後でも検討してみてくださいね。

 

この記事がお役に立てば嬉しいです!

 

Kindle電子書籍普通の素人会社員が低リスクでできる収入アップ術」を出版しました!


普通の素人会社員が低リスクでできる収入アップ術: 平凡な私が、実用書などで紹介されている副業・投資をやってみた結果

 

 

にほんブログ村に参加しています★

クリック頂けると嬉しいです!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

資産額&投資実績公開!元本2千万円が含み益を入れると3千万円に。終身保険、投資信託、仮想通貨、個別株など。

f:id:life-is-comedy-thanks-all:20210812231554p:plain

毎月20万円以上積立投資をしている、まにゃです🐈

日米個別株、投資信託ETF、FX自動売買、仮想通貨、と様々な投資先へ複数の証券口座などで投資をしているため、含み損益をちゃんと把握していません。

そこで、久々に確認してまとめてみました。

結果、資産2,000万円くらいかと思っていたら、含み益を入れると3,000万円を超えていました

 

私は結婚前に1,200万円を副業で失った経験があります。

 

結婚当初、夫の貯金はほぼ0円

私は株式投資で800万円くらい持っていましたが、結婚後に株式投資で400万円、仮想通貨投資で400万円の大損をしています。

 

それでも、結婚7年目(育休4年を含む)にして金融資産元本は2,000万円です。

ちなみに給料は夫が平均よりも少し低く、私が平均よりも少し高く、結果的に平均給与の世帯です。

 

 

 

 

資産概要

f:id:life-is-comedy-thanks-all:20210812220347p:plain
※投資用口座に移している現金は、投資元本に算入。

終身保険は、他の方の金融資産額を参考に見てみたところ、受け取り時の金額にされているかたもいたので、未実現の含み益として65歳受け取り時の概算金額を入れています。

※学資保険は、現時点で解約した場合に受け取れる金額です。

f:id:life-is-comedy-thanks-all:20210812221201p:plain

上記グラフを見るとわかるとおり、含み益が大きいのは「仮想通貨」と「終身保険

 

仮想通貨は1か月で100万円変動したりするから、無いものとして考えておいたほうが精神的に良さそうと思ってます。

 

一方、終身保険ですが、これは外貨建て保険なので為替の影響を受けます。1ドル110円の換算でこの金額です。

基本的に、65歳になったら絶対に引き出さないといけないという家計状況にはなっていないと思うので、為替が有利な時に引き出すことを想定しているので、受取金額が大幅に減るということは無いと思っています

 

すでに払い込み済みですが、5年後くらいに払込金額と受取金額がとんとんになるので、その時に解約して、投資信託に変えようかと考え中です。

 

ちなみに学資保険ですが、今月解約手続きを進めています!

あと5年払い込み期間が残っていますが、今解約しても損はしないので解約して、投資信託に変えます。

学資保険の返戻率は121%でしたが、シミュレーションの結果、投資信託に乗り換えたほうがいい、となりました。

シミュレーション内容についてはこちらの記事に書いています。

学資保険は解約すべき?返戻率122%の学資保険と投資信託を比較

 

 

投資実績

ジュニアNISA口座①(海外投資信託&国内個別株)

f:id:life-is-comedy-thanks-all:20210812222544p:plain

 

企業価値成長小型株ファンドはずいぶん昔に積み立てをやめました

ジュニアNISAは非課税期間が5年なので、中期投資対象として、フィンテックやAIなど旬の分野に絞っています。

(ジュニアNISAは子供が20歳まで非課税運用できるので、長期投資に視点を切り替え、2021年9月時点でテーマ型インデックスファンドは辞めました)

 

あと、国内個別株は1月に約10万円分利益確定しています。でも、個別株は難しいので他に買う気はないです。

 

 

ジュニアNISA口座②(海外ETF

f:id:life-is-comedy-thanks-all:20210812223026p:plain

こちらも中期投資対象として、情報技術セクターに絞ったETFに投資しています。これらが稼ぎ頭です。

 

債権は運用成果が微妙だったので、ずいぶん前から積み立てをやめています

 

海外ETFで約15万円の含み益が出ています。

円高の時にドルをジュニアNISA1年分の投資枠上限分まとめ買いしていたので、為替差益の影響も大きいです。

 

 

積み立てNISA口座

f:id:life-is-comedy-thanks-all:20210812223726p:plain

ニッセイ外国株式インデックスファンドを積み立てていましたが、iDeCoの投資先と入れ替えるために、8月に楽天全米株式インデックスファンドに変えました。

 

が、ポートフォリオが米国に偏っていると感じたため、9月からは全世界株式に変えます

 

一番下の全世界株式が一番長くやっている、楽天ポイントアップを狙って始めた500ポイント投資です。それでも1年経ったかどうかというくらいです。

 

積み立てNISAは非課税期間が長いので、長期投資対象に絞っています。

 

 

iDeCo(夫&私)

f:id:life-is-comedy-thanks-all:20210812224300p:plain

こちらも長期投資対象に絞っています。ニッセイ外国株式インデックスファンドは楽天の積立NISAからiDeCoに鞍替えして最近始めたものです。

 

ひふみ年金はもう積み立て投資していません。

 

セゾンバンガードグローバルバランスファンドは、バランスファンドって微妙だな、となったため、最近積み立てをやめて米国株式に移行しました

 

私のiDeCoの掛け金上限が12,000円しかないため、口座管理料を引かれると非常に微妙な運用成果となってしまっています。

iDeCoをやるならある程度投資金額が多いほうが有利だと感じました

 

投資信託ETFはいずれも投資開始してもうすぐ1年かな、というところです。
それまでは個別株で失敗しまくりでした・・・。

 

個別株は利益が出るときは投資信託より短期で大きく出せますが、逆に言うと、損失も短期で大きく出ます。なので、初心者にはおすすめしません。 

 

あと他に、米国個別株1銘柄と、FX自動売買がありますが、米国個別株は資産概要のとおり含み損が出ており、FX自動売買は微益です。

 

FX自動売買の運用実績については、今後記事にしていこうと思います。

 

 

 

Kindle電子書籍普通の素人会社員が低リスクでできる収入アップ術」を出版しました!


普通の素人会社員が低リスクでできる収入アップ術: 平凡な私が、実用書などで紹介されている副業・投資をやってみた結果

 

紹介youtube動画も作成しましたので、もしよろしければご視聴ください♪

普通の素人ができる、副業・投資・節約術などの資産形成方法って何? - YouTube

 

 

にほんブログ村に参加しています★

クリック頂けると嬉しいです!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

FIREのための投資候補!?ETFとは?投資信託との違いやどっちを選べばいいのか解説

f:id:life-is-comedy-thanks-all:20210711210403p:plain

投資歴10年以上の、まにゃです🐈

ジュニアNISAでETFに年80万円投資しています。

 

ETFって何?って感じの方のほうが多いと思います。

でも、積立投資でよく投資信託と一緒に取り上げられてたりしますね。

 

そう、投資初心者がFIREをするための投資先候補となるのが投資信託と、今回紹介するETFなんです。

 

私はETFを理解して投資することで、個別株・投資信託よりも多い利益を得られています

 

ETF投資信託とどう違うのか、そしてどっちを選べばいいのか、この記事を読んで一緒に勉強しましょう♪

 

 

 

 

 

ETF(上場投資信託)とは?

ETFとは、取引所に上場している投資信託のことです。

 

投資信託とは、投資家から集めたお金を大きな資金としてまとめ、運用のプロが株式や債券などに投資・運用する商品のことです。

その運用成果が投資家それぞれの投資額に応じて分配される仕組みになっています。

 

その商品が取引所に上場していなければ「投資信託」、上場していれば「ETFと呼ばれます。

 

じゃあ、上場するのとしないので何が違うのか?

 

 

ETF投資信託の違い

ETF投資信託の違いについて見ていきますが、投資信託について詳しくは以下の記事をご覧ください。

FIREのための投資候補、投資信託とは?メリットやデメリットを簡単に紹介 

 

さて、ETF投資信託の違いは、以下の通りです。

 

①リアルタイムで取引できる

ETFは取引所に上場しているので、株式のようにリアルタイムで取引することができます。

 

投資信託の基準価額(株価のようなもの)は1日1回のみ算出され、売買注文を行った時点の値段で取引が成立するわけではありません。

 

一方、ETFは市場の取引時間内であれば、株式と同じでいつでも売買が可能です。

 

投資信託は売買注文をした時は値段がよくわからなくて確定するまではらはらするけど、ETFなら自分が決めた値段で売買することもできる

 

 

保有コストが安い

ETFは一般的な投資信託と比べて保有コストが安いです。

 

ETF投資信託の信託報酬として支払う金額累計は、以下の表のようになっています。

 f:id:life-is-comedy-thanks-all:20210521100624p:plain

 出典:ETFゼミ 

 

ETF投資信託それぞれに100万円を投資した場合、10年間で8万円の差が出ています

信託報酬の差は少しですが、長期間積み立て投資を行う場合は、最終的にそこそこの差が生まれてくるので軽視できません。

 

長期投資を行う場合、ETFのこのメリットがめちゃくちゃ強みになります!

 

 

③分配金が再投資されない

①と②はETFのメリットでしたが、続いてはデメリットです。

投資信託であれば、分配金(株式の配当金のようなもの)は自動で再投資するという設定ができます。

 

しかし、ETFは分配金を自動で再投資できないので、再投資したい場合は自分で分配金分の投資先を購入しないといけません。

 

NISAを利用している場合は、年間の投資金額上限が決まっているため、分配金が再投資されないことはあまり影響ありません

分配金が再投資されると毎月の積立投資金額が変動してしまったりしてめんどうです。

 

 

④金額指定で購入できない

続いてもETFのデメリットです。

投資信託は、金額もしくは口数を指定して購入ができますが、ETFは口数の指定しかできません。

そのため、選んだ商品によっては最低購入価格が高くなります。高くなるとはいっても、株式と比べれば高くありません。

 

また、口数しか指定できないので、毎月一定額を購入するという「ドルコスト平均法」での購入ができなくなります。

自分で価格変動に合わせて購入口数を調整して、ドルコスト平均法で購入した時に近い状態にする必要があります。

ドルコスト平均法については、投資信託の記事で説明しています)

 

 

ETF投資信託どっちを選べばいいか

ETFの特徴をまとめると、投資信託のメリットである、少額でも分散投資ができる、プロが運用する、というところは同じです。

つまり、初心者でも運用しやすい投資先です。

 

しかも、信託報酬が投資信託よりも低いので、長期投資をする場合は利益が多くなりやすいです。

 

ただし、購入する際に口数で指定することになるので購入金額の調整が必要になるなど、多少手間がかかります

 

私の場合は SBI証券 で自動積立設定をして毎月同じ口数を購入しています。

そして、ジュニアNISA上限額になったら自動的に積立ができなくなります。

 

少しでもお得に運用したいなら、ETFをおすすめします

 

 

ETFの選び方 

そんなお得なETF、どれを買ってもOKというわけではありません。選び方が大事です。

 

私は投資信託同様、ETFでも国内ETFではなく海外ETFを中心に保有しています。

理由は以下の記事を読んでみてください。

投資信託の賢い選び方。おすすめは〇〇!FIREのための投資候補

 

人気がある・実績があるETFを調べて複数ピックアップし、以下の条件で絞りました。

これは、ETFの買い方を色々調べて行きつきました。

  • 流動性が高い(出来高や売買代金が多いほうが換金しやすい

  • 基準価額と連動を目指す指数との乖離率が低い

  • チャートの形状が上昇基調

  • 信託報酬が低い

  • トータルリターンがいい

 

さらに、他投資先とのバランスを見たうえで、ある程度リスク分散できるような組み合わせにしています。

 

私が実際に購入しているETFや運用実績は、Kindle電子書籍普通の素人会社員が低リスクでできる収入アップ術: 平凡な私が、実用書などで紹介されている副業・投資をやってみた結果」に書いています。

 

一般NISAやジュニアNISAでのETFの購入は、 SBI証券がおすすめ。

なんと、購入手数料が無料!!

その他の手数料も業界最安水準を維持し続けているのでとても使い勝手がいいです。

 

くれぐれも証券会社の窓口で買わないように。手数料が高いです。

 

以上、この記事がお役に立てば嬉しいです♪

堅実に積立投資をして、老後を楽しく過ごしましょう!!

 

いつも「いいね」やシェアで応援いただきありとうございますっ。

 

にほんブログ村に参加しています★

クリック頂けると嬉しいです!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

iDeCo(個人型確定拠出年金)で年末調整いくら戻るかシミュレーション。デメリットも解説。

f:id:life-is-comedy-thanks-all:20210711215236p:plain

iDeCoを夫婦で満額やっている、まにゃです🐈

iDeCoはやったほうがいいってよく聞くけど、ぶっちゃけどんな制度か全然わからない!

どれくらいお得になるのかよくわからないからやる気がしない!

っていう人、結構多いと思います。

 

実際、加入のための手続きはNISAよりめんどくさいし、制度が複雑

 

でも、まにゃ家はiDeCoを利用することで年間約10万円得してます

 

そんなお得制度を、わからないからと利用しないのは損!

いくらお得になるかわかりやすいように、iDeCo(個人型確定拠出年金)で年末調整いくら戻るのかシミュレーションしました。

デメリットもしっかり解説します。

 

 

 

 

iDeCo(個人型確定拠出年金)とは?

前回、投資信託について紹介しましたが、投資信託を購入する際、私はiDeCoを活用しています。

iDeCo自分で申し込み、掛金を拠出し、運用方法を選んで掛金を運用する私的年金制度です。

 

元々は個人型確定拠出年金という名前で呼びにくかったですが、最近では「iDeCo(イデコ)」という略称が浸透しています。

 

それでは、まずはiDeCoのメリットを見ていきましょう。

 

iDeCo(個人型確定拠出年金)のメリット

iDeCoは以下の通り3つのメリットがあります。

 

①掛け金が所得控除される

iDeCoで拠出した掛金の年間総額を所得から差し引くことができます。

つまり、その分の所得税と住民税が軽減されてお得になります

 

iDeCoは年末調整で申請して税金を取り戻すんですが、具体的にいくら戻ってくるのかは後ほどシミュレーションします。

 

 

②運用益が非課税

通常、預貯金の利息や投資信託の運用益には、約20%の税金が課されます。

ところが、iDeCoで出た運用益には税金が課されません

 

20%も変わるってかなり大きなメリットです。

 

 

③受取時に一定額が非課税になる

iDeCoは年金の一種なので、公的年金が課税されるのと同様、iDeCoも受け取り時に課税されます。

ただし、一定額が非課税になります。

 

例えば一括で受け取る場合は、勤続20年以下の場合、40万円 × 勤続年数が非課税になります。

勤続20年超の場合は800万円 + 70万円 × (勤続年数 - 20年)です。

 

年金として受け取る場合は雑所得になるので、公的年金等控除が利用でき、受取金額からその控除額を差し引いた金額が課税対象となります。

 

公的年金の収入金額の合計などによって控除額が違うので、この金額が控除されるというのは明記できませんが、60万円から200万円が控除されます

 

会社に勤めていて厚生年金を受け取る場合は、満額控除というのは難しいので、一括受け取りにしたほうがいいかもしれません。

 

また、年金の受給額が増えるということは、所得税が増えるということなので、国民健康保険料が増えたり、医療費負担があまり減らなかったりします

 

 

iDeCo(個人型確定拠出年金)のデメリット

それでは、続いてiDeCoのデメリットを見ていきます。

 

①60歳まで資金を引き出せない

iDeCoは60歳になるまで資金を引き出せません。解約をするための条件はとても厳しいです。

ただし、掛け金を減らしたり、拠出を停止したりすることはできます。

 

ゆとり資金でやらないと大変なことになるので要注意。

 

 

②運用コストがかかる

iDeCoは加入時や受け取り時に手数料がかかるだけでなく、毎月約200円ほど手数料を取られます。

少額に感じますが、長期投資をする場合、最終的には数万円レベルになります

 

運用コストについて詳しくは以下の記事で書いています。

iDeCo(イデコ)で運用益が出ていても損をする!?運用コスト・節税効果・受取時の課税まで徹底解説。

 

ふるさと納税上限額が減る

これはささやかなデメリットですが、iDeCoの掛け金は所得控除される=その分所得が減るので、ふるさと納税の上限額が減ります。

 

 

その他、投資全般に言えることですが、「投資先を誤ると元本割れする」「元本保証を求めると手数料負けする」といったことがあります。

 

 

年末調整でいくら戻るかシミュレーション

それでは、iDeCoで拠出した金額を年末調整で申告するといくら戻ってくるのかシミュレーションしましょう。

戻ってくる金額は、拠出額・個人の所得税率により異なります。

 

以下の条件でシミュレーションしてみましょう。

・35歳会社員、所得500万円

・毎月の積立金額23,000円

・積立期間25年

・利回り3%(比較的安全な運用)

 

楽天証券iDeCo節税シミュレーションを使ってみた結果は以下の通りです。

 

◆所得控除による節税額

積立時に節税できる所得税・住民税の金額は合計138万円(年約55,000円) 

年末調整でいくら戻ってくるか?の答えは、この年55,000円です。

年55,000円も戻ってくるってめちゃくちゃお得ですね!

 

 

◆運用益に対する節税額

運用益に対する節税額は約67万円

 

 

結果、計約200万円の節税ができることになります。

元本は690万円で、運用益は約335.8万円、合計約1,025.8万円を受け取ることができます。

 

そして受け取り時の非課税額上限は、800万円 + 70万円 × (25 - 20年)=1,150万円ということで、非課税額内に入っているので1,025.8万円は課税されずにそのまま受け取ることができます。

 

ただし、退職金を同時にもらうと違う結果になるので、詳しくは以下の記事をご覧ください。

iDeCo(イデコ)で運用益が出ていても損をする!?運用コスト・節税効果・受取時の課税まで徹底解説。

 

約200万円もお得になるiDeCo、やらない手はありません!

始めるなら、 SBI証券 がおすすめ。

かれこれ15年近くSBI証券を使っていますが、手数料は業界最安水準を保っていますし、サイトの使い勝手がいいです。

(証券会社は他に10社ほど開設しました。IPOのために。)

 

以上、この記事がお役に立てば嬉しいです♪

いつも応援ありがとうございます!

 

【関連記事】

iDeCoはスイッチングで利益確定できる!定期的に資産配分割合を変更してリバランス。 

 

積立NISAかiDeCo(個人型確定拠出年金)どっち?徹底比較。併用もおすすめ。

 

「NISAかiDeCoどっち?投資を始める前から出口戦略まで徹底ガイド」を出版!

Kindle Unlimitedならいつでも無料!

 


Amazon:【2022年】NISAかiDeCoどっち?始める前から出口戦略まで徹底ガイド: 投資初心者から中級者まで役立つ! 実践シリーズ (実践文庫)

 

 

投資信託の賢い選び方や注意点。おすすめは〇〇!FIREのための投資候補

f:id:life-is-comedy-thanks-all:20210713110457p:plain

個別株投資で失敗して投資信託に目覚めた、まにゃです🐈

個別株投資で勝ち続けるってほんとめっちゃ難しいんです!プロでもむずい

だから、FIRE(経済的に自立して早期退職)するための手段としてよく取り上げられるのが「投資信託

 

FIREを狙ってないにしても、老後資金を作るのに投資信託はおすすめ

ずぶの素人でもプロに近い運用成績を収めることができる。

 

とはいえ、投資信託なら何でもいいってことはもちろん無い

だから、投資信託の賢い選び方を勉強して、堅実に資産を増やそう

 

投資信託選びを失敗すると、たとえ株価が好調でも損することがあるんです。

 

 

 

 

投資信託のメリットやデメリット、なぜ初心者におすすめなのか、詳しくはこちらの記事で紹介しています。

FIREのための投資候補、投資信託とは?メリットやデメリットを簡単に紹介

 

投資信託の選び方

前回の記事で、素人にもおすすめの投資ということで紹介した投資信託ですが、中にはいくら待っても利益が出ない投資信託(商品)もあります。

 

なので、投資信託選びがとても重要になります。

いい投資信託を選んで、後は定期的に定額購入し、長期投資をして十分なリターンが出るころに売りましょう。

 

投資信託を厳選する順番として、「資産クラス」→「インデックスかアクティブか」→「信託報酬」があります。

 

投資信託の資産クラスと選び方

投資信託が投資対象とする資産クラスには、以下のようなものがあります。

・国内株式(リスク中)

・先進国株式(リスク中)

新興国株式(リスク大)

・国内債券(リスク小)

・先進国債券(リスク小)

新興国債権(リスク中)

J-REIT国内不動産投資(リスク中)

・海外REIT(リスク中)

コモディティ(リスクは様々)

・上記を組み合わせたバランス型

 

これらに対してどういったバランスで投資するかがとても重要になります。

リスクは小さいほど損失が少ないですが、利益も少ない。

リスクが大きいほど損失が大きくなる可能性があるけれど、利益も大きくなる可能性があるといった感じなので、自分のリスク許容度に合わせて配分を考えましょう。

 

基本的に働いていてリスクを取れる間は国内株式、国内債券、外国株式、外国債券をメインに投資します。

さらに、年齢によってその配分を変えます。

 

例えば、若い時ならリスクをとって新興国の株式の比率を多くするのもあり。

また、あまりリスクを取れない年齢になってきたらリスクが低い債券の比率を高めたり、と状況に応じて投資比率を変えていきます。

 

各個人のリスク許容度に左右されるので、これという正解はありません。

 

ちなみに私の場合、今は年間の貯蓄額400万円くらいは失っても許容できると考えています。

それくらいリスクが取れるので、先進国・新興国株式に絞って投資をしています。

 

 

なぜ米国・新興国株式なのか

リスクが高めのものの中には国内株式もあるのに、なぜ私がそれを外しているのかわかりますか?

 

答えは、日本の人口が減少していくことがほぼ確実だからです。

人口が減るということは、経済が縮小していくことが予想されるので、企業は好業績を保つのが難しくなります。

 

対して、例えばアメリカは現在でも人口増加しています

人口増加に伴い経済がさらに拡大していくことが見込まれるので、アメリカを中心に投資しています。

 

何十年か後には状況が変わってくる可能性があり、新興国(中国やインド)がぐっと伸びてくる可能性があるので、日本を除く全世界株式にも投資しています

 

中国やインドの人口増加に伴い経済も発展すると見込まれるとはいえ、市場が安定しているのはアメリカです。

中国なんかは政府の方針次第で企業の業績ががらっと変わってしまうのが当たり前です。

 

そういう点を考えると、米国一筋でもいいような気はしています。

なので、米国への投資のほうが割合は大きいです。おそらく8~9割。

 

 

インデックスかアクティブか

投資する資産クラスが決まれば、次はインデックスファンドかアクティブファンド、どちらを選ぶかです。

 

インデックスファンドとは、株価指数などの指標に連動した運用を目指す投資信託を指します。

つまり、日経平均やNYダウ平均と同じ価格変動を目指すということです。

 

一方、アクティブファンドは、ファンドマネージャーが投資商品を選別・運用し、株価指数など市場平均以上の収益を目指す投資信託です。

 

これだけ聞くと、アクティブファンドのほうがよさそうですね。

しかし、長期的に見るとインデックスファンドのほうがアクティブファンドよりも高い利回りを実現しているという結果が出ています

 

また、インデックスファンドのほうがアクティブファンドよりも信託報酬という、保有するとかかるコストが安いため、利益が出やすくなっています

 

というわけで、インデックスファンドを選びましょう

 

 

信託報酬の違い

さあ、ここまでくればあとは信託報酬というコストが安いインデックスファンドを選ぶだけです。

 

米国あるいは全世界株式へ投資をするインデックスファンドで信託報酬が安い投資信託は以下のものがあります。

右端の%は信託報酬です。

・SBIインデックス 全世界株式 0.1102%

eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)0.1136% 

・SBIバンガードS&P500インデックスファンド 0.0938%

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)0.0968%

 

これを見てわかる通り SBI証券 が取り扱っている商品はコストが安い!

 

 

投資信託を始めたら注意すべきこと

例えば先ほど紹介したインデックスファンドを毎月積立投資した場合、以下のような注意点があります。

 

年に1回リバランスを行う

株式や債券を組み合わせているなら、1年に1回程度、価格が上昇したものを売って、価格が安くなっているものを買う、「リバランス」をやりましょう

 

ほっておくと株式の比率が高まり、リスクが想定したよりも高くなってしまうことがあります

 

売却して再購入するのに手数料がかかったりするので、リバランスは何回もやりすぎてもよくないので注意。

 

 

途中で売却しない

過去の運用結果から、20年積立投資を続ければ、元本割れする可能性が限りなく0になります

 

逆に、5年~10年しか運用しない場合、損失が出る人の割合が増えました。

 

一番投資成績がいいのは、なんと「亡くなった人」なんです。

自動積立投資設定をしたら、そのことを忘れましょう。

 

 

為替リスク、元本割れリスクを理解する

投資信託を長年やれば100%利益が出るとは誰にも言えません

 

また、株価が好調であっても、外国資産に投資する場合は為替の影響を受けて損失が出ることもあります

例えば、1ドル130円の時に米国株式を購入し、1ドル90円のときに売却した場合、株価が同じだとしても、1ドル90円に目減りしてしまうので損失が出ます。

 

 

選び方と注意点まとめ

まず、投資信託の賢い選び方は以下の通りです。

 

信託報酬が安い、米国あるいは全世界株式に投資するインデックスファンドを選ぶ

具体的には以下の2つなど。

・SBIインデックス 全世界株式 0.1102%

・SBIバンガードS&P500インデックスファンド 0.0938%

 

それらを自動積立投資する設定をしたら、そのことを忘れる。

そして20年以上長期積立投資をすれば、元本割れの可能性が限りなく0に近づく

 

上記2つを選べば、債権が入っていないのでリバランスの必要がありません。

ただし、個人のリスク許容度に合わせて株式や債券の比率はよく検討する

 

さあ、それじゃあ SBI証券 で口座開設して、積立投資を始めよう!

これで銀行に寝かせておくだけでは増えなかったお金が、増えていってくれます♪

 

 

Kindle電子書籍普通の素人会社員が低リスクでできる収入アップ術: 平凡な私が、実用書などで紹介されている副業・投資をやってみた結果」に私が購入している投資信託の実績を載せています。

 

投資信託を購入する場合は、NISAやiDeCoなど非課税口座を使うのがお得♪

積立NISAかiDeCo(個人型確定拠出年金)どっち?徹底比較。併用もおすすめ。

 

【関連記事】

FIREのための投資候補!?ETFとは?投資信託との違いやどっちを選べばいいのか解説

 

にほんブログ村に参加しています★

クリック頂けると嬉しいです!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

FIREのための投資候補、投資信託とは?メリットやデメリットを簡単に紹介

f:id:life-is-comedy-thanks-all:20210713105018p:plain

投資歴約15年の、まにゃです🐈

投資信託のことを知ったのは実は約2年前。

もっと早く投資信託について勉強しておけばよかったと思っています。

 

投資信託という名前は知っていたものの、私が投資信託についてちゃんと勉強しなかったのは、「プロが運用する分、手数料がかかって利回りが低い」から。

 

投資初心者のころ、短期で稼ぎたいという思いが強く、利回り3%や5%なんて興味ないって感じだったんですよね。

 

でも、約15年投資をしてきて思うことは、始めから投資信託をやっていれば今頃どれほど利益が出ていたことか、ということ。

 

・これから投資を始めようという投資初心者

・個別株をやってもうまくいかないよ~という経験者

のみさなさん、投資信託とは何かや、メリット・デメリットを簡単に紹介するので、ぜひこの記事を読んで投資信託について理解しましょう!

 

 

 

 

投資信託とは

投資信託」とは、投資家から集めたお金を大きな資金としてまとめ、運用のプロが株式や債券などに投資・運用する商品のことです。

その運用成果は投資家それぞれの投資額に応じて分配される仕組みです。

 

よく、FIRE(経済的自立と早期退職)したい人におすすめの投資法として投資信託は取り上げられます。

それはなぜでしょうか?

 

具体的なメリットやデメリットを紹介していきます。

 

投資信託のメリット 

投資信託のメリットは以下の通りです。

 

①少額から投資できる

証券会社にもよりますが、投資信託はなんと100円から購入可能です。

個別株投資の場合、最低購入株式数が100株なので、いくら100円くらいの安い株を買ったとしても、最低購入価格は1万円を超えてしまいます。

 

その点、投資信託は100円から購入可能なので、ちょっとお試しで投資することもできます

 

 

②自動積立設定ができる

投資信託は、毎月あるいは毎日、金額や口数を指定して自動で買付注文を出すことができます。

自動積立設定をしてしまえばほったらかしでもいいので、とても楽

 

 

分散投資ができる

国内外の株式、債券、不動産など投資対象が広く、分散投資ができます。

 

例えば、個別株投資だとA社の株価が暴落したら損失大です。

 

一方、投資信託の場合は、1つの商品に投資することで日本の株式市場に上場するすべての株式に投資できたりするので、A社の株価が暴落してもそんなに損失を被らずに済みます

 

よく、「卵は1つのかごに盛るな」と言われますが、分散投資することでリスク分散ができるのでとても大事

 

 

投資信託のデメリット

続いて、投資信託のデメリットです。

 

①元本保証ではない

どんな投資商品にも言えることですが、たとえ分散投資したとしても、市場全体が下落したらその影響を免れることはできません。

 

しかし、市場は下落してもまた上昇する、という前提でドルコスト平均法という購入方法で積み立てていき、長期運用を行うのであれば、実際に20年間運用して、以下のような実績を出している投資信託があります。

 

 f:id:life-is-comedy-thanks-all:20210520155232p:plain

出典:日経電子版マネーコラム

 

20年間で資金が5倍とかになったらいいですね~。

2倍でも万々歳です。

 

ちなみに、ドルコスト平均法とは、価格が変動する金融商品を常に一定の金額で、かつ時間を分散して定期的に買い続ける手法です。

 

 

②手数料がかかる

投資信託には以下のような手数料がかかります。

・購入時の手数料

・運用管理費(信託報酬)

・信託財産留保額(解約時のコスト)

 

特に信託報酬は、持っているだけで毎日かかる手数料なので、できるだけ低いものを選ぶことが重要です。

 

 

③すぐに大儲けはできない

例えばある会社の株式を1銘柄だけ持っている時と比べると、価格の上昇や下落が緩やかになるので、短期間で大儲けはできません。

ただし、長い時間をかければ着実に資産形成できます

 

投資信託はFIREのための投資候補?

投資信託は、

・少額から始められる

分散投資でリスクを抑えられる

・自動積立設定ができて楽

なため、投資初心者にもおすすめです。

 

投資歴10年以上の私でも、個別株投資より投資信託を選びます

なぜなら、個別株投資で利益を出し続けるのはプロでも難しいから。

とてつもない努力と才能が必要です。

 

そういうものが無い場合、なにを対価として差し出せるかと言うと「時間」です。

時間をかけてしっかりと資産形成していきましょう。

 

長期投資すれば利益が出やすいという結果が出ているので、堅実な投資方法としてFIREを目指す人の間では投資信託が定番になっています

 

たとえFIREを目指してなくても、老後資金や教育資金を作るのにとても効果的なので、しっかり勉強してお金を増やしましょう♪

 

私は2021年の1年間で利回り40%になっていました!

 

投資を始めるなら、 SBI証券 がおすすめ。

10年以上使っていますが、手数料が最安水準をずっと維持しているし、使い勝手もいいです。

 

投資信託の選び方については以下の記事に書いています。

投資信託の賢い選び方。おすすめは〇〇!FIREのための投資候補

 

以上、この記事がお役に立てば嬉しいです♪

 

Kindle電子書籍普通の素人会社員が低リスクでできる収入アップ術: 平凡な私が、実用書などで紹介されている副業・投資をやってみた結果」に私が購入している投資信託の実績を載せています。

 

【関連記事】

FIREのための投資候補!?ETFとは?投資信託との違いやどっちを選べばいいのか解説 

 

一般NISA・積立NISA・ジュニアNISAでお得に投資♪選び方や損する場合

 

インデックス投資のおすすめ本!「お金は寝かせて増やしなさい」を紹介

 

にほんブログ村に参加しています★

クリック頂けると嬉しいです!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

FXは初心者が失敗しやすい?メリットやデメリットを簡単に解説

f:id:life-is-comedy-thanks-all:20210713111732p:plain

投資歴約15年の、まにゃです🐈

国内個別株投資から始め、投資信託ETFREIT、不動産クラウドファンディング、仮想通貨、そしてFXと様々な投資に挑戦してきました。

 

FXは主婦がやって短期間で何十万も稼いだ、といったようなことをネットで見たことがありますが、誰でもそうなると思いますか?

 

一部の人がそうやって短期間でうまくいことがありますが、基本的にはFXは初心者が失敗しやすいです。

それはなぜなのか、FXのメリットやデメリットとあわせて簡単に解説していきます。

 

 

 

 

外国為替証拠金取引(FX)とは

日本円を外国の通貨に換える取引のことを外国為替取引(FX)といいます。

外国に行くときに、銀行などで日本円を外貨に換えることもFXなのですが、一般的に、FXは「外国為替証拠金取引」を指し示す言葉になっています。

 

外国為替取引」と「外国為替証拠金取引」の違いは、外国為替取引を「証拠金」で行うかどうかという点です。

 

この記事では、FX会社を通して「外国為替証拠金取引」を行うことのメリットやデメリットを紹介します。

 

 

FXのメリット

FXのメリットには以下のようなものがあります。

 

①為替差益を狙える

通貨の交換比率(為替レート)は変動するので、例えば1米ドル=100円の時に10米ドルを購入すると1,000円を失い、10米ドルを手に入れます。

そして、1米ドル=120円になったら10米ドルを売ると、1,200円を得ることができます。

つまり、最終的に200円の利益が得られます。

 

このような感じで、為替差益を狙います。

 

 

②元手が少なくても巨額の投資ができる

FXの最大の魅力は「証拠金」によって、少ない元手で巨額の投資ができることです。

具体的には、FX会社に担保としてお金を預けることで、少ないお金でたくさんのお金を取引できるような仕組みになっています。

これをレバレッジ取引と言います。

 

例えば、1ドル=100円のときには、100万円で1万ドル買えます。

しかし、レバレッジを10倍かければ、100万円で10万ドル買えるようになります。

 

1ドル100円で購入した後に1ドル=101円で売ったとすると、レバレッジなし(1倍)の場合の利益は1万円です。

一方、レバレッジあり(10倍)の場合の利益は10万円になります。

同じ100万円を使った投資でも、レバレッジを使うとより効率よくお金が増やせます

 

 

③平日24時間取引ができる

為替レートは平日ほぼ24時間動いているので、いつでも取引ができます

日中が忙しい会社員でも、夜のプライベートの時間を使って売買ができます。

 

 

④為替手数料がかからない

為替取引をすると、為替手数料がかかるものですが、多くのFX会社で為替手数料がかかりません。

取引コストは、売りと買いの価格差だけで、外貨預金と比べて低コストです。

 

 

⑤下落相場でも利益が出せる

FXでは、これから値下がりしそうな通貨を先に売って、値下がりしてから買い戻すことでも利益が出せます

これから上昇相場だと思えば「買い」で入り、下落相場だと思えば「売り」で入れば、いつでも利益が出せるチャンスがあります。

 

 

FXのデメリット

続いては、FX のデメリットについてです。

 

①予想以上に大損する可能性がある

これがFXの最大のデメリットであり、初心者が失敗しやすい原因です。

メリット①元手が少なくても巨額の投資ができることの裏返しです。

 

元手が少なくても巨額の投資ができるということは、大きく儲けられる可能性がありますが、逆に大きく損をする可能性もあります

 

初心者はそのリスクをあまり理解せず、レバレッジ25倍など高いリスクを取ってしまい、結果として大損することが多々あります。

 

 

②寝ている間に大損する可能性がある

これはメリット③平日ほぼ24時間取引できることの裏返しです。

夜中にもレートは変動しているので、寝ている間に為替レートが急変して損をしてしまう可能性もあります。

 

ただ、株式投資でも、日中ずっとチャートを見られない人がほとんどだと思うので、特筆すべきデメリットではないでしょう。

 

FXのメリットを生かすも殺すも自分次第。

しっかり勉強してから臨んだ方がいいです。

 

 

FXは初心者におすすめか?

FXをやるのであれば、しっかり勉強して、大きなリスクを背負う覚悟を決めて、腰を据えて取り組んだほうがいいです。

 

私は約1年やってみましたが、相場の変動が読めず、ほぼ塩漬けにして手を引きました。

塩漬けにできたから、ほぼプラマイゼロで手を引けましたが、レバレッジをかけまくっていたら大損して退場になっているところでした。

 

 

FX自動売買が初心者におすすめと紹介されているのをよく見かけるので、現在挑戦中です。また記事にしますね♪

 

 

Kindle電子書籍普通の素人会社員が低リスクでできる収入アップ術」を出版しました!


普通の素人会社員が低リスクでできる収入アップ術: 平凡な私が、実用書などで紹介されている副業・投資をやってみた結果

 

紹介youtube動画も作成しましたので、もしよろしければご視聴ください♪

普通の素人ができる、副業・投資・節約術などの資産形成方法って何? - YouTube

 

にほんブログ村に参加しています★

クリック頂けると嬉しいです!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

株式投資のメリットやデメリット。オンラインサロンで大損体験談。

 

投資歴約15年の、まにゃです🐈

リーマンショック後に個別株投資を始めて、資産を約2倍にしました

その後、オンラインサロンに入会して紆余曲折あったのでその経験談を踏まえて、

株式投資のメリットやデメリット

・初心者におすすめかどうか

・初心者でもうまくいくための方法

を書いています。

 

 

 

 

株式投資とは?

会社が事業のためのお金を集める手段の1つとして、「株式」を発行します。

そして、もしその会社の事業がうまくいけば、株を持っている人(=株主)にも利益を配分する仕組みになっています。

利益目的で任意の会社の株を購入することを、株式投資と言います。

 

 

株式投資のメリット

株式投資のメリットは以下の通りです。

 

①株式の売却益を期待できる

株価は、常に変動しています。

例えば、業績が好調な企業の株式は買い注文が増えて株価が値上がりし、不祥事などの悪いニュースが報じられた企業の株式は売り注文が増えて株価が値下がりするといったことがあります。

 

このように、株価は常に変動しているため、取得したときの株価よりも値上がりしたタイミングで株式を売却すれば、売却益を得ることができます

 

 

②配当金・株主優待がもらえる

株主は、保有株数に応じて配当金や株主優待をもらえます

 

配当とは、企業が株主に利益を分配することで、決算ごとの利益額に応じて配当の金額が決定され、利益が大きければ配当も増えることもあれば、逆に赤字の場合は配当が減ったりすることもあります。

 

株主優待は、企業が株主に対して自社商品やサービスなどを提供するもので、株主優待があるものとないものがあります。

 

 

株式投資のデメリット

続いては、株式投資のデメリットです。

 

①最低投資額が比較的高い

例えば、投資信託は最低100円から購入できますが、株式投資は最低でも数万円程度の投資額が必要で、多くの銘柄は10万円以上の投資額を用意しないといけません。

 

 

②株価が下がって損失が出る可能性がある

メリットとして売却益が期待できますが、裏を返せば損失が出ることもあります

うまくトレードするための知識や経験が必要になります。

 

中には、倒産して株価が0円になるものもあるので注意が必要です。

私が買った銘柄で上場廃止になって、価値が0円になったものがあります・・・。

 

 

オンラインサロン体験談

私は、2018年に本格的に株式投資をやってみようと思い、株式投資で有名なオンラインサロンに入会しました。

仮想通貨で有名なKAZMAXさんが開催された忘年会でゲスト講師をされていた、ウルフ村田さんがされているオンラインサロンです。

 

素人がちょっと勉強したくらいで稼げるようになるわけがない、結果を出している人に学んだ方が早いし安全だ、と思ったので入会しました。

 

約1年、そのサロンに入会して株式投資を行いました。

サロンでは主にマザーズの銘柄に投資をしていました。マザーズ新興市場のため、当たれば大きく、外しても大きい、という感じです。

 

例えば、当たるときには株価が10倍にもなるものもあります。

一方で、外れると上場廃止になって無価値になる、なんてこともありました。

 

サロンでは月に数回動画が配信され、有望株が多数紹介されます。本当に数が多いです。それだけ紹介すればどれかが当たるよね、というくらい。

 

実際にそうで、すべてが当たるわけではなく、紹介された後も株価上昇を続けたものは少数でした。

むしろ、そこで紹介された翌日に急上昇して、あとは落ちていく、といったものが多かったです。

 

ここで学んだのは、お金を払って得た情報だからといって、株式の世界ではそれが本当に実現するかはわからない、ということです。

サロンに入会しただけでうまくいくならみんな入会して、億万長者続出だよな(笑)とも思いました。

 

 

初心者が株式投資で成功するには

私はリーマンショック後から株式投資をしています。

「今ならどの株を買っても後で必ず上がる!」と思ったので、有名企業の株式を保有しました。

読み通り、2倍くらいに上がりました。さらに、配当金もけっこうあったので、資産を増やすことができました。

 

このように、株式投資をする場合は、リーマンショックやコロナショックのように、市場が大暴落したときに購入し、ある程度上昇するまで保有するのがおすすめです。

 

コロナショックは下落期間が短かったですが、場合によっては何回も下落が起きて、どんどん株価が下落していくこともあるので、市場がまた上がるまで長期保有する覚悟はしておいたほうがいいです。

 

中小型株投資の本なども読んで実践しましたが、なかなか難しい。。。

 

Kindle電子書籍普通の素人会社員が低リスクでできる収入アップ術」を出版しました!


普通の素人会社員が低リスクでできる収入アップ術: 平凡な私が、実用書などで紹介されている副業・投資をやってみた結果

 

紹介youtube動画も作成しましたので、もしよろしければご視聴ください♪ 

普通の素人ができる、副業・投資・節約術などの資産形成方法って何? - YouTube

 

にほんブログ村に参加しています★

クリック頂けると嬉しいです!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村